たとえ土砂降りの雨だろうと

こんにちは。東備地区の安倍です。
今年度からは週に1回、笠岡の高校部にもお邪魔いたしております。
その笠岡高校部からブログをお届けしようとしているのですが
PCの調子が悪く、1単語を入力、変換するのに1分もかかる始末ですから、
手短になりますがご了承ください。

先日の夜中は大層激しい雨が降っておりました。
その時私はやむを得ない事情で車を運転していたのですが、
車線は見えず、横滑り防止装置の作動ランプが何度も点滅するようなひどい雨でした。
走り慣れた道でなければため池に転げ落ちていたかもしれません。

受験生のみんな、たとえ受験当日が土砂降りの雨だろうと、雪が積もっていようと、
はたまた熱が出ていようが鼻が折れていようが、
どんな状況でも解ける問題は100パーセント確実にとけるような、
そんな訓練を積んでおかなければいけないよ。

夏期講習は長丁場だけれども、このくらい涼しい顔でこなせるようになるんだぜ。
教室はクーラーが効いているから、遠慮なくおいで。
一緒にがんばろう。

さて、次のブログは本社の福田さんにお願いしたいと思います。

ブログリレー ~目標を持って夏期講習をうけよう!~

こんにちは! 田野先生からバトンを受け取りました、津山地区の正本です。

ブログリレーはこのところ夏期講習というテーマでお送りしている訳ですが、何をするのか?という内容については、既に諸先生が記事として取り上げていますので、そちらをご覧ください。

今日は、夏期講習を受ける姿勢について語ろうと思います。

何事も漫然と進めても、あまり能率は上がりません。
ただ、講習を受ける。もちろん何もしないよりは良い事ですが、どうせ同じ時間を費やすなら、何か目標を立てる事をお勧めします。

ここで、田野先生の過去記事を一部引用。

――――――――――――――――――

>そこで、役に立つのが、SMARTの法則です。


SMARTは目標を立てるための手引き達の頭文字を並べたものです。

S・・・Specific(具体性):目標は分かり易くあるべき

M・・・Measurable(計測可能):誰の目から見ても結果をレビューできるように数値化するべき

A・・・Achievable(達成可能):100mを10秒以内で走るみたいな非現実的なものであるべきでない

R・・・Realistic(現実的):やりたいことか、できることか、ステップアップできるものか、その人にとって現実的であるべき

T・・・Timed(期限設定):『できるまで』ではなく、いつまでにやるかの期限を設定するべき

(萌昇ゼミブログ 2016/05/25:津山西教室)

――――――――――――――――――

元記事では更に具体的に目標の立て方が述べられているので、是非読んでみてください。
夏期講習という限られた期間での目標としては、具体性と達成可能を特に重視すべきでしょう。

…とまあ、長々と述べてきた訳ですが、私も自分の目標をたてることはあまり得意ではありません。
目標をたてて物事に取り組む事はなかなか難しいのですが、折角の講習です。
より意義のあるものにする為に考えてみて下さいね!

バトンは、東備地区の安倍先生にお渡しします!

夏期講習ブログリレー第3弾!

こんにちは!

津山地区の田野です。
丸尾先生からバトンを頂き、今回は合宿【文系編】でお送りします。

6月4日に各地区中3生を対象に案内を開始しました夏の名物【合宿】ですが、既に続々とお申し込みを頂いています。

私自身、生徒や保護者の方と接している中で、「合宿ではどんなことをするんですか?」との質問をよく頂きます。
もちろん、答えは勉強ですが、何をどれくらい?については、現在合宿プロジェクトチームでよりよいものを提供できるようにするため、日々協議、研究を行っています。

それでも生徒の皆さんは内容が気になると思いますので、現時点で決まっている文系カリキュラムをご紹介します。

国語記述90分

社会歴史記述120分

社会地理資料120分

国語文法90分

英語長文180分

英語リスニング90分

社会歴史年表120分

これだけやるから君は必ず変われる!

まだ、参加しようか迷っているアナタ!

今ならまだ間に合います。

この夏を無駄にしないように、真剣に自分と向き合ってみよう!

次のバトンは津山地区の正本先生に繋ぎます!

夏期講習ブログリレー第2弾!

こんばんは!東備地区の丸尾です。

今日は夏期講習の目玉である合宿(理系)についてお送りします。

理科は充実の9.5時間!!

化学変化、大地・地震、圧力、天気、光・音、電気・磁界

理科計算特訓
7つの授業

そしてさらに苦悶式:理科用語一問一答

中1、中2理科を完全総復習

数学は入試頻出問題をやる2.5時間!

方程式、関数2つの授業

入試によく出るものをピンポイントに特訓

只今、教材を鋭意作成中です。

生まれ変わりたい皆さんの参加をお待ちしております。

次回は合宿の文系についてお送りします。

ブログリレー

こんにちは!東備地区の秋山です。
津山地区の青木先生からバトンを受け取ったので早速書いていきたいと思います。

他の先生方が各教科の勉強法やノウハウを書いてくださっているので自分は勉強する環境について書いていきます。

家で勉強する際に、リビングでする人、自分の部屋で勉強する人さまざまだと思いますが、
ではその勉強している部屋にはどのような色がありますか?
少し変わった質問になりましたが実は勉強と色は関係あるんです。
例えば、青色があればイライラせず落ち着いて勉強できるので集中度が上がります。
黄色や薄いオレンジがあれば知性を刺激し記憶力や理解力を高めることができます。
緑色はよく知られているように目に優しく疲労回復になります。
赤色は注意です。幸福度を上げてしまうため心が高揚し過ぎてしまい集中できなくなります。

また、目ではなく耳に関しても少し説明しますと
音楽を聴きながらの勉強はNGです。
音楽を聴きながらの方が集中できるという人もいると思いますが、逆を言うと音楽を聴きながらでないと集中できないということになります。
入試では音楽を聴きながら受けることはできませんよ。
聴覚というのは実は環境の変化にとても敏感です。
常に入試を意識して同じ環境で勉強してみてください。

さらに応用編といったところでツァイガルニク効果を活用した勉強法についても説明していきたいですが
あくまで今回は勉強する環境についてのお話なのでここまでにしておきます。
「いったいどんな効果だ??」と思った方に軽く説明しますと実はこの中途半端に終わらせようとした手法がまさにツァイガルニク効果の一種です。

初めてのブログ投稿で読みづらいと思いますが少しでも興味を持っていただけたら幸いです。
では次回はしばらく男性講師が続いていたので津山地区の女性講師、平井先生にバトンを渡したいと思います。
教室別記事
プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
≪1クラス4名の感動≫



萌昇ゼミWEBサイト
萌昇ゼミHP

岡山地区:086-201-2245
東備地区:086-952-3978
津山地区:0868-22-8773
井笠地区:0865-62-3778

お問い合わせはこちら



カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
カウンター
人気ブログランキング
QRコード
QR