読書@勝央教室

最近やりたいことが多すぎてる(趣味)
ドラ〇も~ん、自分を分身させる刀的なの出して~

はい、勝央教室の井上です

さて今日は、タイトル通り「本」の話

読書の話は田中先生が少しされていましたが、
読書好きの私としてはやはり「本」「活字」に触れて欲しいと思うわけです。
まぁ語彙を深めたり速読できるようになったりと勉強への利点もありますが・・・

とはいえ、読み始めても数分で眠くなっちゃうとか、漫画なら読めるのにとか、
読書への苦手意識はいろいろあるかと思います。
そんな人たちの読書入門になりそうなアドバイスを少し紹介したいと思います。

眠くなるなら眠くなる前に読み切っちゃえ
少しの時間で完結まで読める、「短編集
数ページに凝縮された起承転結は見ものです
好きな時に少しの時間で読み進められますし
「途中までの流れ忘れた」なんてのもなし。
慣れたら長いものにも挑戦できる。
まぁ少なくとも数ページは読み切る気力が必要ですが・・・
ma_5m01[1]

読んでる間の画が想像できないなら
映像化されたものの「小説版
画を想像しなくても記憶で補完できる
漫画の小説版でもいいですね
映像作品を見ていなくても、後から画を補完できるおまけつき
文字では読み取りづらくても表情とかからなら感情は見えるかも、
伏線の為にミスディレクションされてたり
作品・媒体によって特定のキャラがいたりいなかったり
ストーリーに差異があったりするわけですが・・・

81vpau-X9fL[1]main[1]

いきなり本を読めと言われたところで、苦手なものは苦手だし
国語が出来ないからって、興味ない内容のものを読んでも仕方がない
読書を始める参考までに、こういった入り方もあるよって感じで
かなり薄い内容になってしまったかもしれませんが、少しでも役に立ててたらいいなぁ。
もし、また機会があればもっと詳しく書こうかな


というわけで何にもまとまってませんが今日はこの辺で

ではまた来週('ω')ノシ



~勝央教室~  急遽開催!国語読解講座

みなさん、こんにちは!
勝央教室の田中です。

あれだけブログを連続で書き続けていたのですが、それから約1か月ぶり(;^_^A
焦らず書けるペースで書いていきます。

①国語読解講座

昨日、中3の生徒数名から国語を教えて欲しいと言われたので、本日急遽国語読解講座を実施しました。
もともと国語が得意ではない生徒たちですが、今回の中間テストの結果で何かを感じたのだと思います。

中間テストの問題を用いて解説を行いました。

内容理解というよりも、解き方や出題者の意図、抜き出しの探し方などを指導しました。

国語については、よく

「何を勉強してよいかわからない!」

という声を耳にします。

他の教科と比べ、、国語には公式や暗記物(漢字や文法は除く)が非常に少ないためだと思います。
私個人的な考えですが、ある程度定着するまで国語は誰かに教えてもらわないとできない教科であると思っています。
何を教えてもらうかというと、少し上の方に書いている、出題者の意図や各種問題の解き方、記述ではどのように書くのか、字数制限のある抜き出しについて、言葉の意味、本文の構成…などなど
たくさんあります。

国語のできるできないの差は、上記にあげたことについて知っているか知らないか(自然と身に付けている生徒もいます)に大きく左右されます。

ある程度定着をしたら、慣れと時間(スピード)のために演習を繰り返してください。

また、国語でもう1つよく耳にするのが

「本を読まないから国語ができない/本を読めば国語ができる」

という言葉です。

前者も微妙ですが、後者全く持って間違いです。

私が本を読んでほしいと生徒に伝える理由は、本文を読むスピードをあげること、言葉や漢字を多く知ることで読解に活かすということくらいです。

本を読む事だけでは点数は上がらず、上の方に書いたことを知って初めて結果に繋がります。

ちなみに、私は本を人生でほとんど読んだことがありません。
中1までは国語は苦手でしたが、中2以降は急に点数が上がりました。
私の場合は何かコツをつかんだ(?)のだと思います。

本を否定するわけではありませんが、本はあくまで読解問題に対応するための力をつける1つの手段でしかなく、他にもしなければいけないことがあることを知っていただきたいと思います。

もう1つ伝えておきたいのは漢字です。(中3生)
入試近くになって漢字をたくさん必死に覚える受験生がいますが、漢字はたくさんありすぎて何が出題されるかわかりません。
そんなものを入試直前に勉強してもリスクが高すぎます。

漢字は、習ったり練習するときや読解で漢字に触れた際など普段から覚えるべきものです。

勝央教室の生徒たちにはまだまだ国語の指導は必要だと思います。
井上先生の空きコマがない…

また、土曜日時間があるときに講座をします!!

後、6月9日(土)に小学生&中3対象のイベントを実施います。
内容等決まりましたら、ブログでも告知をします!!!

テスト返却@勝央教室

ネットニュースの記事の後ろにAmazonやらの広告で
記事に出てきた人物の著書なんかが掲載されているところありますよね。
先日、政治関連の記事をサーフィンしていて麻生大臣の記事を読んだ後、
広告欄に「ローゼンメイデン全巻セット」が出てきて
なんだかちょっとほっこりしました・・・。
(なんのことだかわからない人は「ローゼン麻生」で検索っ!)

どうも勝央教室の井上です。


さて、私の日課は置いといて本題ですよ!

中間テスト、答案がもう返却されていますね。
合わせて先日の模試の答案も返されて解説なんかがある頃かと思います。

このブログではもう何度目になるかはわかりませんが
勝央教室からは初となりますので、改めて言わせていただきます

見直し・解き直しをしっかりしておきましょう!

上手くいった人・そうでなかった人、思うことは人それぞれですが、
返ってきた答案・結果と真摯に向き合って次につなげていってください

新しい内容もすぐに始まりますし、やるべきことはすぐいっぱいになります。
今回の内容を振り返れる機会はほとんど無くなってしまいます。
次回の定期テストの範囲に今回の内容はほとんど入らないかもしれませんが、
すべての事は積み重ねです、今回の応用を次に習うかもしれません。
やったことが新鮮な内に、取り組む時間が少しでもある内に
見直しをして、出来なかったところは復習、出来たところも定着させましょう。

6/2(土)にはフォローアップテストもあります(中3は3日(日)に全国模試)
まずはそこでの点数アップに向けて、今できる事に全力を注いでいきましょう。
以上

ではまた来週('ω')ノシ

息抜き@勝央教室

勝央教室から初めて登場!講師の井上です。

何を書こうか迷ったのですが、
GWどうだったとか、中間テスト近いねとか・・・
みんな書いてるし飽きちゃったので
変化球で行きましょう。


てなわけで今回は
勉強で得た知識を存分に発揮できるゲーム
のご紹介だ


教科は「地理」かな
Geoguessr-780x405.jpg
「GEOGUESSER」
皆さんおなじみGooglemapを使って遊ぶゲームです。
o-GEOGUESSR-facebook.jpg
とある地点に飛ばされて
ストリートビューを駆使しつつ、
地形や建造物、看板の文字、車の走る向きetc...
様々な情報を頼りに
自分がどこに飛ばされたのかを当てる
そんなゲームになっています。

「これは地理で習った地形だ」とか考えながらやれば
復習にもなって一石二鳥(かも)

かなりざっくりですがあの森上先生もハマったゲーム
勉強の息抜き且つ貯まった知識の使いどころとしてぜひ挑戦してみてください。
勿論無料ですよ。


勉強への関係性が皆無な
趣味全開の記事になってしまったので
いろんなところから怒られないか心配です('Д');

まぁたまにはこんな記事もあっていいじゃないということで、
また面白いものがあれば紹介していこうかなと思います。

それでは次回があることを信じて
ではまた('ω')ノシ

~勝央教室~ 小学生イベント/中だるみ

みなさん、こんにちは!
勝央教室の田中です。

今日は勝央からブログを書いています。

①イベント

本日、小学生対象イベントを実施しました。

↓ナンプレ大会の様子
nanpure2.jpg


みんな、Mr.Tを倒すために必死に取り組んでします。
(写真の左のほうでMr.Tも全力で解いています笑)

↓ナンプレの中身がコチラ
nanpure11.jpg

4×4、6×6、9×9マスを用紙しました。

ほとんど初めての生徒もいましたが、みんな必死に頑張っていました。
Mr.Tとの対決についてですが、Mr.Tが大人げなかったとだけお伝えしておきます(;^_^A
みんな頑張ってくれたので、全員に景品を渡しました!


その後は、ちょっと変わったビンゴ大会をしました。
枠内にテーマに沿ったものを自分で書き、1人ずつ言っていき、すべての枠が無くなったら勝ちというものでした。

「国の名前」や「都道府県」、「動物の名前」などで行い、途中からチーム戦にするなど、とても楽しく盛り上がるものになりました!
また、何かイベントができたらと思っています!



②中だるみ

本日の最後のコマで、とある生徒1人のための特別講座を実施しました。

その生徒は、中2ですが志望校も将来やりたいこともはっきりしていない生徒です。
学力も決して高い方ではなく、何となく普段を過ごしているような感じです・

部活の練習も厳しくなっているようで、部活の疲れもたまっている様子が気になりました。
また、勉強に対する意識も薄まっていました。

昨年から、高校入試や偏差値、勉強をする理由などを説明している生徒です。
今回も最初はそのようなお堅い話をしていました。

話をしていて気づいたのですが、生徒は私が今まで言ってきたことを理解はしてくれていました。
ただ部活や学校課題、そもそも勉強が嫌いなど多くの理由で勉強への意識が薄まっているんだと感じました。

子どもたちが、勉強が面倒であることや部活で疲れていることは私たち大人はよくわかっています。
大人自身が子ども時代に経験していますから。

ただ、勉強しなければ大変なことになるという結果も大人は知っています。

最悪な結果にならないよう、指導・強制(矯正)していくことが大人の役目だと感じたので、伝えたいことを昨年から伝えているこの生徒には、宿題や自習などを強制的にしてもらおうと思います!
今の状態を矯正するためです。

大人の言うことがすべてではありませんが、耳を傾けることは大切です。
その生徒が1年半後、良い結果になるよう一緒に頑張っていきましょう!
厳しくするけどよろしく!!
教室別記事
プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
≪1クラス4名の感動≫



萌昇ゼミWEBサイト
萌昇ゼミHP

岡山地区:086-201-2245
東備地区:086-952-3978
津山地区:0868-22-8773
井笠地区:0865-62-3778

お問い合わせはこちら



カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
カウンター
人気ブログランキング
QRコード
QR