1クラス4名の萌昇ゼミ
最も質問しやすい塾を追求し、岡山県内28教室を展開!

教室別記事



プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
≪1クラス4名の感動≫



萌昇ゼミWEBサイト
萌昇ゼミHP

本部:086-201-2245

お問い合わせはこちら





カレンダー(月別)

01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -



最新記事



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



人気ブログランキング



QRコード

QR



良いタイトルを思いつく才能が欲しい

こんにちは。瀬戸高校部の安倍です。今年度から教室長をやっています。

高校生は先日、中間テストが終了しました。結果が思わしくなかった人はいたずらに落ち込まないように。私たちの目標は大学入試ですから、そこに向けて復習の良い機会と考えてください。見直しが大事です。わからないことがあったら質問においで。

ゴールデンウイーク前のこと。ある生徒とカズオ・イシグロの話になりました。英語のテキストにorphanという単語が出てきたのがきっかけだったような記憶がありますが、ともかく、その彼は「私たちが孤児だったころ」を読んだ、面白かったですよ、というので、私も負けちゃいらんねぇ、とゴールデンウィーク休みに丸善で買ってきました。
休み中に読んでしまう予定だったのですが、諸事情あっていまだに手を付けていません。もう何年も前から、買ってきては床に積んでそれきり、という本が増え続けているので、そろそろなんとかしたいところです。

最近きちんと読み通した本では、「折りたたみ北京」という中国SFアンソロジーが大変よかったです。「中国」で「SF」となると政治がらみのメタファーを読み取ろうとしてしまいがちですが、そんなことをしなくても、あるいはしないほうがより楽しめると思います。なんといってもタイトルが素晴らしい。

昨年度担当していた教室に、本を読むのが好きだという生徒がいました。私が受け持った最後の授業か、最後から2回目か忘れましたが、そこで「図書館の魔女」がとっても面白いから読んでみて、と勧めたのですが、もし読んで、楽しんでくれていたらうれしいなと思います。元気で頑張っているかな。

そろそろ蛍が見えるかな?

こんにちは!

高校生の今期1回目の定期テストが終わりましたね。

高1の生徒は初めての定期テストなので、

満足できる点数が取れたかどうか、すごく気になります。

来週中にはすべての答案が返却されると思いますので

しっかりテスト直ししておきましょう!

解答例を見てもわからないところがあれば

萌昇ゼミの講師にドシドシ質問してください。

わかるように説明しますので。


5月ももう終わりですね。そろそろ蛍の季節でしょうか。

私はいくつか蛍スポットを知っています!

頭をからっぽにして、ぼーっと蛍を眺めていると

すごく癒されます。

今日は仕事帰りに、どこかのスポットに

見に行ってみようかな~!


1人ドライブ好きな梶田でした。

自習室どんどん利用してください!

こんにちは!

本日は日曜日ですが、高校生が定期テスト期間中なので

瀬戸の高校部で自習室を開放しています。

高1の生徒が何人か来て、黙々とがんばっています!

すごいですね、日ごろから 「自習室においで~!」 と

口うるさく生徒に伝えていますが、

テスト中とはいえ、日曜日にわざわざ来てくれるのですから。

送迎いただいている保護者さま、

本当にありがとうございます!

貴重なお休みの日に来てくれた以上の成果が出るよう

質問対応等がんばります!!


瀬戸高校部の自習室紹介

30席完備
 → 自習に来て席がないということはありません!
休憩室設置
 → 間食をとることもできるので長時間の勉強に最適!
問題集等豊富
 → 全教科の問題集、参考書が揃っています!
集中できる環境
 → おしゃべり等はありません!
質問できる環境
 → 講師の手が空いていれば質問できます!

是非、どんどん利用してください!!!

瀬戸高校部 本日の自習室管理 梶田 でした




九九って暗記していますよね!(算数小僧)

こんちには!

数日前に渡したバトンが、なぜか合宿隊長からまた戻ってきました。

先日の授業後、ストップウォッチが転がっていたので、体感時計で10秒を計ったところ

2回連続、10.00ピッタシが出て、夜も更けた誰もいない教室内で「スーハースーハー」と鼻息を荒くしていた、

そう、私、色々な数字に興奮してうずうずが止まらない、算数大好きな「算数小僧」です。



現在、夏期講習、真っ只中。暑さや虫に耐えながら、各教室で生徒のみなさん

がんばってくれています。

今年は高3生の数学を主に担当していますが、

モチベーションがより高まっており、その気迫に負けないよう

100万馬力の戦闘力で戦っています!


先日、自習室で模試の解き直しをしていた生徒が

質問に来たので、解き方を説明しました。

説明後、こんな会話が行われました。

生徒    : 「先生はなんでそんなに速く解けるん?」(よくある質問)

算数小僧 : 「解き方を覚えているから。

すかさず、

算数小僧 : 「はちろく?

生徒    :「48

算数小僧 :「今、考えて出したん?えーっと6が8個分でえーっと、えーっと、って?

生徒    :「覚えていたから。



そうです。九九は小2のときに徹底的に暗記させられるので、みなさん覚えているのです。

全く、考えて答えを出していません。

算数、数学は「考える教科」として生徒は認識していることが多いです。

「そして考える力がない」=「算数、数学は難しい、苦手」

となってしまうのだと思います。

算数小僧は、それは違うと思います!!

高校入試、大学入試で点を取ることだけを考えれば、

個人的な見解ですが、暗記の延長で満足できる点が必ず取れるものだと思います。

公式や定番問題の解法など、覚えたらいいんです!

忘れたらダメなんです!



算数小僧はみなさんより、何十倍、何百倍と問題を解いて定着(ほぼ暗記)しているから

ただただ多くの問題が速く解けるんです。


算数小僧が

言いたいことわかりますね!

良い点取りたければ、演習 → 暗記 → 定着!

覚えておきたければ、演習 → 暗記 → 定着!

忘れたくなければ、演習 → 暗記 → 定着!



この点に関しては、保護者、学校の先生、われわれ講師が

どうがんばっても、どうすることもできません。

みなさん次第なのです!!



また、悪い癖が出て長々と書いてしまいました。

次は、萌昇いち「」に関してうるさすぎるということで有名な白飯先生にバトンタッチします!







高3生卒業おめでとう!!

こんにちは!瀬戸高校部の梶田です。

高3生が卒塾し、いつもの顔ぶれが教室内にないことを

寂しく感じながらブログを書いています。

今年度の高3生も受験に向けて一生懸命がんばりました。

授業や自習室での彼らのがんばりを私が一番見てきたと思います。

高3生、本当におつかれさまでした。

また4月から新しい高1の萌昇生が誕生します。

そして、新高3生は受験と向き合っていきます。

私も全力で彼らと向き合います!!!


DSC_0207.jpg

3/20の日曜日に近くの河川敷で

卒塾の打上げをしました。

段取りはすべて生徒たちがやりました。

連絡を取り合い、場所を決めて、私に連絡をくれました。私はものを準備しただけです。

食後、野球、サッカー、石投げをして遊びました。

全員が少し前まで受験と向き合っていたとは思えない

楽しそうな笑顔でした。それを見て私もうれしくなり

数年ぶりにサーカーをして走りドロドロになりました。

まだ少し筋肉痛です。



本当に全員素直な良い生徒たちです。彼らと関われたことを

幸せに思います。萌昇ゼミへ通ってくれてありがとう!!



1458663826740.jpg