津山高校 入学式

高校部の町田です。

萌昇ゼミの2018年度は先週木曜日にスタートしましたが、

本日は高校の入学式でした。
IMG_2828.jpg

この後、新入生たちがクラス毎に写真撮影をしていました。

何人かの塾生に手を振りましたが照れ臭そうに視線をそらされてしまいました。

初々しいということで許してあげようと思います。

新高1は4月いっぱい無料体験授業を実施しています♪

萌昇ゼミ 津山地区 高校部
教室長 町田

年を取っても強くなりたい【津山高校部】

土曜でも津山高校部に出勤しない日が続いたので、ブログを書くのも久しぶりな気がします。

貧弱ボディから標準ボディに近付こうと、些細な筋トレを細々と続けている津山高校部の宮原です

(最近は体調不良につき、ここ2週間くらいはできていない気もしますが…)

ぱっと見の外見ではわかりづらいところを強化しています。

その1つが握力!

弱くてコンプレックスでしたね(今も、当然のごとく弱いですが!)。

自分が中3~高3のときには、いかにスポーツテストで効率よくAを出せるかに勤しんでいましたが、握力だけは全力でやっても記録が出ませんでした。

他の種目でカバーするので、Aは無理せず取れていました。

しかし、大体の種目で10点満点、低くても8点か9点なのに、握力は全力でやっても6点でして!( ノД`)

……とゆーことで、その貧弱コンプレックスを払拭するために、ときどき写真のハンドグリップなる器具を使って鍛えています。

使い過ぎていて、よく見ると汚れています苦笑

ハンドグリップ



50kg負荷(写真左でなるべくたくさんの回数→40kg負荷(写真真ん中)でなるべくたくさんの回数→35kg負荷(写真右)でなるべくたくさんの回数を、

5秒握って、開いて、5秒握って…か。
無造作に何回も握ってか…

どちらかで、しています。


ただ、「●kg負荷」ってだいたい握力計で計れる負荷より弱くても閉じられるようにできているので、


実際の宮原の握力は、「同年代の標準の男性より、まだまだ弱い」くらいと思います(´・Д・)」

それでも、少しずつ成長しています。

目指せ標準ボディ!!(○´・Д・`)ノ

逆向きに握るという鍛え方も最近知ったので、それを試して、一定の区切りがついたら、

約63.5kg負荷を買おうかなあと思っています。

大体、35kg負荷までは百均×両手分、50kg負荷までは600円前後×両手分、それを超えると3000円前後×両手分ほどの器具のコストがかかるでしょう。

気持ち的により本格な域に踏み込もうとする頃ってことですね。


さて、長くなったので、教室、あるいは指導科目のことはまた後日お送りします!


その時は、「津山高校部」についての記載ではないかもしれません☆


全教室分のブログを見ていただけたら嬉しいです!


勉強のポイントのところだけ赤大太字にしているつもりです(ので、いつもは赤字だらけの宮原のブログが、今回は小さく細い黒字ばかりです笑)

テスト前の時間割調整【津山高校部】

オシャレな生徒に囲まれて、

・ウェリントン
・スヌード(これはオシャレ目的ではないことが多いのでしょうが…)

という言葉を最近アウトプットできるようになり始めた津山高校部の宮原です。


宮原自身は、大学卒業後は、ほとんど私服を新調していないためか、服装が若いのか、


2年も前ではないときに、私服でいると、別の場所で出会った、計2組のご年配の方に、


「大きいね。高校生?」

「高校生かと思ったわ!」


と言われたことは、むしろ誇りにしておきます((∀`*ゞ)テヘッ


スーツを着ると、年相応ですかね





__________


学年末テストに合わせて、授業の時間割を調整しています。


定期テスト前には必ずしていることです。


日程表を配付しています。


塾生のみなさんは、よく確認し、授業を受けましょう

効率のいい勉強法って何ですか?【津山高校部】

テレビで放送されていた、

「日本人が多く住む国・地域トップ30」

というテーマのクイズの1位がアメリカというのを見て、

「え?1位は日本ですよね!??」

と、テレビにツッコミを入れたかった津山高校部の宮原です(゚△゚;)ノ



何年か前には、これまたテレビであった短期記憶力のクイズで、

一瞬だけ招き猫が10匹くらい、並んでいる映像を見たあとに、

「左手を上げていた招き猫は何匹でしょう?」

と問われ、すかさず、

「0匹!!だって、猫は手じゃなくて前足だから!!」

と自分の答えに自信を持っていると、

「正解は4匹でしたー」

などと放送され、納得のいかないことがありました( ノД`)


普段から、学業的なひっかけ問題に慣れていると、逆に、通常のクイズでは踏み込み過ぎてしまうのかもしれませんね。


なんだかんだで、上記の2件のクイズに対しては、今でも私の意見の方が正しいのではないかと思っています←




__________

ある高校1年の生徒から質問がありました。

男子生徒「どうやったら、効率よく勉強できますか?」

女子生徒「英語の勉強の方法!」

宮原「いろいろ、言いたいテクニックはあるんだけど、まずは単語、熟語を覚えないとね。」

上記の女子生徒「えー…?だって単語を覚えても長文に出んがー。」


………

………

………

(・ω・`彡 )з

いやいやいや、覚えていないから気付いていないだけで、塾の授業や小テストで出した語彙も、長文に何回も出ているのだけれど!

一方の生徒が、覚えることを減らそうとしている間に、他方で、意識の高い生徒は、何周も語彙の本を回して、定着させて、入試で高得点を取れる準備をしているのだけれど!!


……しかし、今、まさに高校生である生徒からすると効率よく点数が上がる方法というものを知りたくなり努力をして手に入れる力に中々手を出せないんですよね。


かくいう、私も中学生や高校生の頃、学校の先生に

どうやったら点数が上がるんですか??、などと質問していました。

が、納得できる答えが返ってきた記憶がありません苦笑

理屈を言っても、結局経験し終わった人にしかわかりづらいことってありますね!



量のない質はない」とは、もとの意味は違うとは思いますが、

受け身で、与えられたことだけする、という生徒は高校では伸びにくいかな、と思います。

受験までに覚えるべき語ものは、学校からも提供されているので、自分でどんどん覚えていかないといけません

とにかく、時間を捻出して、語彙を覚えないと、全体の構造やテクニックを話しても吸収が遅いのです。


覚えるところは、なるべく自分で覚えて、考え方などは講師にどんどん質問してください。

津山高校部のよいところ【津山高校部】

水道の問題が解決したと思ったら、

今度は夜にドライヤーが急に動かなくなった津山高校部の宮原です(@゚Д゚)@。Д。)

今より若かりし頃に比べ、毛量が(たぶん)減ったとはいえ、ものすごく癖毛なので、大ピンチです。

翌朝すぐに買いに行きました

未だに、マイナスイオンとは真に何たるかを理解しておりません(´∀`*;)ゞ




__________

冷静沈着なターミネーター(と他己紹介にある)正本先生から、「各教室のよいところ」というお題で、昨日バトンを頂きました!

落とさないように、できるときにすぐやります!( ^ω^ )

津山高校部は、

生徒が高校生だけで、一層集中できる環境
※既に、入試を乗り越えてきた面々!本気度に磨きがかかっています。

コピー機を生徒が使用可
※小中学生の教室では生徒は使用不可で、講師が全面的に管理しています。

問題を豊富に提供できる
※専用の本棚があります。

講師に質問しやすい
※講師が空いている時は、どんどん質問攻めにしてください!

講師陣の専門度が高い
※まあ…当然ですが笑

ほかにも、小中学生相手だとできない、些細なことでの融通の良さがあったり、
壁に英単語の暗記項目がたくさん貼られており、いつの間にか覚える生徒がいたり、
「魔法使い北山の『ミラクル化学』講座」が、名前の時点で、既に楽しそうだったり、

たくさんあります。

さて、バトンを次に繋げますが、次なる走者は果たして…!!(゚∀゚≡゚∀゚)
教室別記事
プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
1クラス4名の感動

萌昇ゼミは1クラス4名まで。

【生徒にとって分かりやすく、
  いつでも質問しやすい授業】

わたしたちはそれを常に追求しています。



萌昇ゼミ ホームページ
萌昇ゼミHP

【東備地区総合受付】
086-952-3978
【津山地区総合受付】
0868-22-8773
【井笠地区総合受付】
0865-62-3778

お問い合わせ
(クリック)





【東備地区】
総合受付:086-952-3978
■瀬戸教室
■長船教室
■ネオポリス教室
■和気教室
■日生教室
■高陽教室
■上道教室
■高島教室
■備前教室
■旭東教室
□高校部

【井原笠岡地区】
総合受付:0865-62-3778
■笠岡東教室
■井原教室
■鴨方教室
□笠岡高校部


【津山地区】
総合受付:0868-22-8773
■津山西教室
■津山東教室
■津山北陵教室
■津山中道教室
■勝央教室
■久世教室
■津山中学教室
□津山高校部

カレンダー(月別)
03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
カウンター
人気ブログランキング
QRコード
QR