インタビューブログ 森定&平井 @津山地区

さて、毎週続いていたインタビューブログも今週で最後となります。
最後のペアは、森定先生&平井です(*≧∪≦)
今回は平井が森定先生へのインタビューをお伝えします。

インタビューの前に、森定先生についてご紹介いたします。
森定先生は高校英語を中心に、津山高校部で教鞭をとる傍ら、
教務課長として萌昇ゼミ全体の教務に関する仕事も担当。
また、プライベートでは2児のお子さんを持つ母でもあります。
そんな八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍をされている森定先生にインタビューしました!


平井:講師歴を教えてください。
森定:10年くらいです。

平井:最近はまっているものは何ですか?
森定:韓国ドラマと韓国語の勉強です。
コンビニのトイレで감사합니다が読めた時、超感動!!

平井:海外留学経験について教えてください。
森定:留学したことはありません。
でも20代の頃ワーキングホリデーを経験しました。渡航先はニュージーランド。色々と勉強になりました。
・ニュージランド人のことをキウイということ。
・私のしゃべる英語がアメリカ風の英語だったようで、当時の世界情勢を受け「日本人はもっと日本人らしい英語を話せ」と批判され、喋れなくなりました。この経験から正しい発音は必要ですが、英語っぽい発音にはこだわらないことと、相手に自分の意志を伝えられることが大切だと思うようになりました。
・中古のインテグラをものすごく安く買ってNZ全土を一人旅。途中、駐車違反のため、朝起きたら車がレッカーされていました。辛かった・・・
・その他異文化を体験すること多々・・・

平井:指導の時心掛けていることは何ですか?
森定:生徒が必要としているものを見出すことです。
生徒や保護者様のご希望の本質を見抜いて今後の展開を決め、提供できるようにしています。

平井:講師をしていて一番心に残っていることを教えてください。
森定:心に残っているもの、いろいろあって決められないです・・・
・勉強は苦手だったけれど「英語はがんばる」と決意。毎朝リスニングトレーニングをして飛躍的に得点がアップした生徒がいたこと。
・入試の点数がたった1点足りず不合格になってしまった生徒がいたこと。
・生徒がくれた手紙。
・「先生~」と連絡をくれて塾に顔を出してくれる卒業生たち。
・「入試当日に先生が旗を振ってくれていたから勇気づけられました」と言ってくださった保護者様と生徒がいたこと。
どれも今の私のモチベーションに繋がっています。感謝感謝。

平井:英語上達の秘訣は何ですか?
森定:色々な方法があると思います。その中で、自分に合った方法を見つけることが大切です。
英語を嫌いにならないことが一番大事ですね~。
ちなみに自分自身のことを振り返りつつ、何かアドバイスをするとしたら、
・中学校の基本文法をマスターすること。90%では足りません。100%!
・中学英文法ができればコミュニケーションはそこそこできるので、
次に必要なのは、積極的に英語を使っていくための「勇気」です。
話しかける勇気、直してもらう勇気。
・文章を構文分析しながら読むと大学入試レベルなら長文もへっちゃらです。
・英語の表現を習いましょう。(学習パートナーがいるといいですね!無理なら英検やTOEICで暗記…)
・ネイティブの人と友達になること。(今はアプリやらWEBやらで身近になりました)
・身のまわりの英語に敏感になる。(レギュラー、ストラテジー、ミミクリー、エコ[ロジー]などなど気になったら調べる→覚える)
・英語はコミュニケーションツールと考える。使うのが楽しいと感じることです。

平井:最後に、塾生のみなさんへのメッセージをお願いします!
森定:世の中が変わっています。
英語は必須、できれば中国語や韓国語、その他のヨーロッパの言語…などなど数か国語でコミュニケーションをとることが近い将来必要になるでしょう。
知り合いのカナダ人は英語の他、プライベートと仕事での必要にかられ、5か国語を勉強しているとのこと。
私は、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語に挑戦したことがありますが(英語以外はどれも使えません・笑)、
英語は世界の言語の中で一番簡単です。
授業では厳しく楽しくあきらめず夢を持ってがんばっていきましょう!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

萌昇ゼミの看板講師である森定先生。
その飽くなき向上心と、情熱を持った授業は生徒さんの心を強く掴んでいます。
森定先生は現在、津山高校部、津山北陵教室で熱い授業を展開中です。
先生の授業に興味のある方は0868-22-8773までお問い合わせください!

次回は交代してお伝えします。

平井

インタビューブログ@宮原先生

皆さまお待たせしました。
インタビューブログの宮原先生です。

Q1.名前と、担当の教室、担当教科を教えてください。

宮原和也と申します。今年度は津山中学部、西教室、北陵教室です。
主に英語ですが、英語、社会も教えています。


ハイブリッドにどんな教科もイケルのですね!

Q2.指導する上でのポリシーを教えてください。

なるべく、一方的にならず生徒の理解度を確認しながら、話しかけてみる事ですかね。

お互いにコミュニケーションを取りながらやっていくわけですね!

そうですね。1対4の授業システムをフル活用できるようように指導しています。

Q3.宮原君と言えば自転車ですが、その自転車への愛を語ってください。

いま使っている自転車は何年も使っていますからね・・・。もう6年は乗ってますね。
自分は何度も引っ越しをしているのですが、一緒に移動してきますね。
東教室から西教室、そして家への往復で10kmほど自転車で移動しているので、運動になるのでとてもいいです。
一日最大20kmも走った事があります。


すごい距離を乗りますね。


Q4.宮原先生の趣味は?

たまに筋トレとかするのですが、今は寒いので少しお休み気味です。
最近は家でディズニーのDVDを見るのが好きです。

例えばどんな作品ですか?

アナ雪、トイストーリー1,2,3とスピンオフなど。
ポカホンタス、ライオンキング1,2,3などな、週1回は必ず見るようにします。
生徒とのいい話題にもなりますね。

Q子供の頃の夢は?

4歳ぐらいのときは忍者になりたかったです。
忍者はマラソン選手よりも早く走れると聞いたので、その運動能力にあこがれていました。
忍者になりたくてつま先歩きのトレーニングしましていました!


男の子は忍者とスパイに一度はあこがれる時期がありますよね!
分かります!

Q来年度に向けて、一言!
より生徒の視点に立った指導をしようと思いますので、やさしく僕に接してください。(笑)


宮原先生、インタビューありがとうございました。
自転車、ディズニー、忍者と幅が広く、話題に欠かない宮原先生のキャラクターを感じました。

次回のインタビューブログはは森定先生、平井先生です。
よろしくお願いしますっ!

ブログリレー@津山中学教室

津山中学教室の宮原です。

ブログリレーの順番がまわってまいりました。

来週は私が質問に答えます。

今回は、
鋭くわかりやすい解説はまさに稲妻!
な理系の教務主任、北山先生にインタビューをしてみました☆(=゚ω゚)ノ


_____________________________________________________________

Q1:自己紹介をお願いします!
北山 敦史です。
岡山県岡山市出身です。
毎日岡山市の自宅と津山市の教室を往復しています。


(遠い中、お疲れ様です!)


Q2:萌昇ゼミでのお仕事を教えてください。
メインは高校生の数学ですね。高校生の物理や中学生の数学を教えることもあります。

(理系のスペシャリストですねヾ(o´∀`o)ノ)


Q3:授業をしている上で大切にしていることを教えてください。
「簡単には教えない」ことです。単に作業として解くのではなく、本当にわかるように生徒に考えるようにしてもらっています。

(なるほど。解法の暗記は大切と言われていますが、それと「真の理解」の両立ですね!)


Q4:好きな映画orドラマは何ですか。
映画やドラマは観ないんですよ。
テレビではスポーツ中継全般を観ます!
野球、自転車、アメフト…。
海外の方が白熱しているところが好きで、WBCでは、プエルトリコやドミニカ、アメリカなどに注目しています。


(グローバル!)


Q5:そういえば、北山先生が生徒たちから「魔法使い」と呼ばれているのを耳にします。どういう意味ですか?
生徒が問題を解くときに魔法でも使っているかのような(変わった)解き方をしているときがあるので、親しみを込めて、「君は魔法を使っているのか、魔法使いなのか…!」とツッコミを入れていたら、いつの間にか「魔法使い」が僕自身のニックネームになってしまいました(笑)。

(生徒からも親しまれているということですね。その関係、素敵だと思います!)


Q6:オフの日は何をして過ごされていますか?
さっきも言ったように、スポーツを観ることと…
マンガを見ることもあります(笑)。
僕もテニス経験者だからわかるんですが、『ベイビーステップ』なんかは、本当によく考えてできた作品だと思います。


(マンガもスポーツものが出てきましたね!『ベイビーステップ』は宮原も見ています。生徒の皆さんも知っている方が多いと思います。)


Q7:最後に塾生と保護者にメッセージをお願いします。
勉強が好きではない生徒へ…
最初は「勉強は面白くない」というところから勉強を始めてみたら良いと思います。
「面白くないけど、必要だからやる」という意識が大事です。
割り切れる人には、そこを割り切ってほしい。
そうして問題を解いていくうちに、その次の段階や考え方が見えてきて、面白さがわかってきます。


(宮原も、中1終盤から数学でつまずき始めて、苦手意識を持っていましたが、高校2年生頃に、解くことの楽しさを再発見した経験があるので、よくわかる気がします☆)


_____________________________________________________________

以上、まさに稲妻の、雷魔法を使う魔法使い(違…)北山先生へのインタビューでした☆ヾ(・∀・)ノ

実際に北山先生に伺ったものの、北山先生の言葉を宮原がまとめているので、上手くお伝えできなかったり、北山先生のキレの良さを上手く出せていないかもしれなかったり……その場合は申し訳ないです(苦笑)。

そうだ、橘内先生に聞いてみよう!

皆さまこんばんは。瀬戸教室の安倍です。
高島教室の橘内先生には前々からお聞きしたいことが山ほどあったので、色々と聞いてみましたよ。

どうも、おつかれさまです。
お疲れ様です。

今日は、ずうっと前からお聞きしたかったことをいろいろ持ってきました。
はい、ずうっと前からね(笑)

ええ。さっそく行きますね。
まずは、業界に入ったきっかけを教えてください。
大学進学時に、大学生じゃなきゃできないバイト! と思って始めたんですけど、そのままハマッた感じですかね(笑)


なるほど、塾屋のエリートコースですね。
では、この仕事をしていて、いままでで一番うれしかったことは?
卒業生が大人になって、SNSでつながってきてくれたり、「夢に出てきてやっぱり良いこと言ってくれて励まされた」とメールくれたり、ですかね。
成人した卒業生と飲みに行った時なんか最高でした。


卒業生といつかお酒を酌み交わせたら、最高でしょうね。私は呑めないんですけど。
休日の過ごし方を聞いてしまってもよいですか?
休むのが好きじゃないんで(笑)仕事してることが多いですけど、そうするとたまの休みは家事で終わっちゃいます…


それはまたストロングスタイルですね。出勤前の午前中はどう活用されていますか?
安倍先生を見習って寝ています。

それはうれしいなぁ。
橘内先生といえば多趣味なイメージをお持ちの方も多いと思いますが、趣味について教えてください。
ドラムとかカメラとかアウトドアとか、まぁ「好き」ってだけで趣味というほどじゃないですね。

室内撮影で三脚立てるのは基本ですよね。
私、キースムーンのドラムが好きだったんですけど、橘内先生のお好きなドラマー、パーカッショニストとその魅力は?
もう亡くなっていますが、TOTOのジェフ・ポーカロ。
あんなにせわしなく演ってるのにうるさくなく、サラッとさわやかにしか聞こえないのは謎すぎる。
なんの変哲もないエイトビートをきいてあんなに感動したのは、ジェフポーカロと僕の師匠しかいませんねぇ。


お師匠さんについては気になるところですが、またの機会に譲るとして、次に行きます。
生徒におすすめしたい音楽はありますか?
音楽に限らずですけど、好き嫌いに限らずいろんなものに触れることって大切ですよね。
ベタなとこだと、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」で、「あぁーぁあ~↑」のとこなんか、この人以上に妖艶な歌声を出す人はいないんじゃないかと思います。


たしかに、やってみたら意外と良かったと思うことはけっこうありますね。
そうだ、強く影響を受けた映画があれば、それについて語ってください。
ものすごく感動したのは、1990年のアメリカ映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』と、2008年のアメリカ映画、『7つの贈り物』(原題: Seven Pounds)ですね。
2000年アメリカ『ペイ・フォワード 可能の王国』(原題: Pay It Forward)も大好きです。ゼヒ!


…唐突ですが、車に対する熱を熱く語ってください。
今はセダンですが、節操なしで実にいろんな車種に乗ってきましたよ。軽からスポーツカーからワゴン車、トラックまで。
これも音楽なんかと一緒で、それぞれに面白いところがあって、「食わず嫌い」はもったいないなと思います。

4G63!ところで橘内先生はドラゴンボールを7つ集めました。神龍に何を願いますか?
願い事の数を無限にしてください!

模範解答をありがとうございます。
実は、私はもしもボックスのセールスマンです。いくらで買っていただけます?
ねぇ、もしもボックスを知らないんですよね?笑
売られても買える値段じゃないと思うので悲しい限りですが、もしもボックスがあれば、ドラえもんの他の道具は全部不要になりますよね。


ありがとうございます。もしもボックスの理解が深まりました!
ちょっと真面目な質問に戻しましょうか。もし塾業界にはいっていなかったら、何をしていますか?
少しは自分でも質問を考えてください…
ボーイスカウトで隊長をやったりもしましたし、やっぱり子供が好きなんでしょうね。
子どもの成長に関わる何らかの仕事、でしょう、間違いなく。


おっと、時間だ。これが最後の質問です。
行ってみたいところとその理由は?
前回も言いましたやん(笑)
…オーストリアの教会でウィーン少年合唱団の聖歌を聞きたい。
あとね、ニューオーリンズで酒飲みたい(笑)
街に音楽があふれてるところに行きたいですね。


ニューオーリンズといえば、ジャズ発祥の地ですね。
今日は楽しいお話をたくさん聞けてよかったです。ありがとうございました。

ブログリレー@西教室(後攻編)

こんばんは。

津山西教室の田野です。

公立校の一般入試が本日で終了しました。
西教室では、入試後に受験生に集まっていただき、自己採点会を行いました。

溜息や歓喜の声が入り交じり、複雑な空気に包まれましたが、あとは結果を待つのみ!
とりあえずはお疲れ様でしたと声をかけてやりました。

さて、西教室のブログリレー攻守交替ということで、今回は私が津山の重鎮、原田先生a.k.a.ドンHaradaにインタビューを行いたいと思います。

前回の記事ではかなり褒めちぎられたので、私も先に原田先生の紹介文を添えておきます。

原田先生は、その貫禄ある風貌からは到底想像できないほどの謙虚さと礼節をお持ちで、日常会話からも感じ取れるelegantでintellectualな発言にも常に相手をリスペクトするトーンを忘れず添えられる非常に魅力的な先生です。また、知識欲豊かかつ博学な先生で、原田先生の作成されたドキュメントやレポートでは、平仮名、カタカナより漢字、アルファベットが多いということも多々あります。その上、ごくたまにPCが原田先生のスペックについていけないがための事故なのか、生まれて初めて見る漢字を見せて頂くこともあります。

そんなチャーミングな原田先生へのインタビューです。

Q1:自己紹介をお願いします。

原田直樹と申します。地元津山出身です。

(まさにシンプルイズベストですね)


Q2:萌昇ゼミでのお仕事を教えてください。

算数と数学を担当しています。

(英語も相当スキルが高いそうです)


Q3:萌昇ゼミに入られたきっかけなんかをお聞きしたいです。

津山西教室や久世教室の看板を通りすがりに拝見していて応募しました。

(この辺りから原田ワールドに突入します)


Q4:国内で訪れた県で一番印象にのこっているのは何県ですか?理由もお願いします。

大阪です。あの土地の住人の人柄や文化の独特なにおいと空気です。

(脳裏に魚住先生が一瞬登場されました)


Q5:海外にいくとしたらどの国を選ばれますか?理由も教えてください。

イスラエルです。世界の中心はアメリカやEUではなく、実はあの中東の乳と蜜の流れる地であるという世界観を持っているからです。

(w(゚o゚)w)


Q6:オフの日は何をして過ごされますか?

興味、関心に任せて書籍やscreen(スクリーン)上の何らかの活字を追って絶えず何らかの学びをしているか、あるいは横になって体を休めるかです。

好奇心旺盛な意識の世界と年齢による体力的な衰えとのギャップを日々痛感しています。

(まさに漢って感じですね)


Q7:最後に塾生と保護者に熱いメッセージをお願いします。

塾生の皆さん、自分の目標に向けて頑張って下さい。

(シンプルイズベストですね(*´_ゝ`))


原田先生、ありがとうございました!

今後も生徒のみならず、私にもいろいろと教えてください。

ブログリレー、次週はアラサーの男闘呼組、北山先生‐宮原先生タッグにバトンタッチします。

教室別記事
プロフィール

萌昇ゼミ

Author:萌昇ゼミ
 
≪1クラス4名の感動≫



萌昇ゼミWEBサイト
萌昇ゼミHP

本部:086-201-2245

お問い合わせはこちら



カレンダー(月別)
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
カウンター
人気ブログランキング
QRコード
QR